2016年01月28日

経済普及効果は4億円!

研修の最終日は倉敷市。地域の魅力を世界に発信し、交流する拠点づくりを行っている、まちなか居住「くるま座」有鄰庵。

築100年以上の町屋を預りゲストハウスや古民家カフェの運営を始めた。

500m以内の「地域まるごと宿」に年間5万人以上が集まる。

地域の魅力を紹介する新たな取り組みDMOを研修した。宿では食事を提供せず「まちなか」や銭湯へと誘導する。とてもユニークな取り組みだ。

倉敷市「有鄰庵」


  • カテゴリー



上へ