テッシーかわら版

2013年06月26日

復興への意識高揚は…

総務委員会

本会議終了後、総務委員会が招集され、賛成多数で可決された。審議案件は、県職員の給与減額措置を実施することについて。

  1. 地方交付税法改正に伴い、約100億円の地方交付税の削減。
  2. 国に準じた給与削減額措置の要請。
  3. すでに38道府県で給与削減条例が提案されていること

などがその理由。

これによる財源捻出額は、約53億円。本県の復旧‐復興に全力で取り組んでいる県職員のやる気と志気低下とならないか?

原発災害からの復興‐再生に全力で向き合っている特殊性を、国はどう見ているのか聞いてみたい。

総務委員会室



  • カテゴリー

2013年06月25日

TPPの影響は…

自民党農林水産部会

自民党農林水産部会が開催された。議題は、6月20日に代表質問で答弁した、協定参加による影響試算について。

県は、生産減少額738億円、地域経済への影響額303億円、影響額合計は、1041億円と試算している。米は、国内生産量の約3割が輸入に置き換わる、それ以外は価格が下落する。加工トマト、牛乳乳製品は、全量置き換わると考えている。

付加価値と加工技術で対抗していく、生き残りをかけた戦いが始まろうとしている。

自民党第5控え室



  • カテゴリー

2013年06月19日

エネルギー開発の新拠点が…

産総研企画部副本部長 大和田野 芳郎氏

水曜会に出席した。講師は、産総研企画部副本部長 大和田野 芳郎氏、再生可能エネルギーは一言で言えば、自然エネルギー+バイオマス。

ウランは100年、石炭は130年で枯渇する。郡山に産総研の新拠点として、太陽光と風力発電所を設置し、起こした電力を、水素を作って蓄電し、効率よくは使う実証を行う。

日大工学部や県ハイテクプラザと共同研究し、地元採用者も数多く雇用するとの話は、大変心強く感じた。

郡山ビューホテルアネックス



  • カテゴリー

2013年06月18日

iPadが貸与に…

ipad

今日から6月定例議会が始まった。福島復興再生特別措置法が可決成立し、今後長期避難者の生活拠点形成、企業立地や事業再開、研究開発拠点の整備を加速させると同時に、国の責任の下、廃炉に向けた取組がしっかりと進めれるよう監視を強化しなければならない。

さて、事務の効率化と情報の共有化を図るため、自民党福島県連は、アイパットを購入し、今日貸与された。各議員の反応は様々。時の流れの早さを改めて感じた。

自民党控え室にて



  • カテゴリー

2013年06月15日

心の潤いを…

第10回皐友会さつき展

第10回皐友会さつき展が14日(金)、15日(土)に開催された。顧問として、1席出展した。昨日は90名、今日は200名以上が観賞に訪れ、中には外国人の方も熱心に見いっていた。

さつきは、皐月と書き、皐は神に捧げる稲の意味がある。旧暦の5月の頃に一斉に咲き揃うところからその名が付いた。

先行きが見えない閉塞感があるなか、さつきの花を見ることで、心のやすらぎ潤いを感じ、少しでも明日への元気を、取り戻してほしい。

郡山カルチャーパーク



  • カテゴリー

1 / 212

テッシーかわら版


カテゴリー


タグ


日付順



上へ