めざすもの

水と緑が豊かな医療都市 郡山

福島県は、地震、津波、原発事故による被害が広域かつ甚大であり、再建にかなりの期間を要します。したがって、県民の生活基盤の再生には、住民に最も身近で窮状を把握し、被災市町村を支援できる立場にある県議会議員の役割はたいへん大きなものがあります。

放射線の不安を取り除き、安心して子どもを生み育てられる環境を整備したうえで、福島の未来を見据え、地域ぐるみで支援し合う「地域共生社会」の実現、都市基盤整備と地域づくり、雇用の確保、産業の振興など、安全で安心な福島県の再生を一刻も早く実現させていかなければなりません。

私も県議会議員として今後とも提言や意見を積極的に県当局に申し入れ、様々な課題に取り組んで行く所存です。

地域プライドの醸成

地域固有の歴史・文化資源によって築かれ、受け継がれてきた地域固有の歴史的精神文化を継承し、地域プライドを活かした地域づくりを進めます。

てしがわら正之がめざす
未来からの発想法(バックキャスト思考)による

「未来からの視点によるまちづくり」

医療

医療産業都市構築プロジェクト

ふくしま医療機器開発支援センター周辺の高次元開発先端医療技術の研究開発拠点の整備

高技術先端企業と地元ものづくり企業とのマッチング

医療機関と行政の更なる連携

まちづくり

”まちなか”を元気にするプロジェクト~魅力と活気にあふれる’エキマエ’に生まれ変わるために~

マチ歩きの楽しさが”薫る”商店街づくり

イベント・コンベンションの積極的誘致

フィルムコミッション、アニメの聖地等、新たな観光施策の導入

歴史を未来へと繋ぐプロジェクト

現郡山合同庁舎の保存と利活用

郡山発展のあゆみを将来に伝えるアーカイブセンターの整備

『豊田貯水池跡地の利活用と併せ、ストーリーのあるまちづくり』

エネルギーと交通

日出ずるエリア(東部地域)開発プロジェクト

郡山駅東口をトータルエリアとして整備

都市計画道路、橋梁の早期整備等による交通循環都市の形成

阿武隈川を越える幹線道路・橋梁の早期整備による渋滞の緩和

郡山南インターチェンジエリア物流拠点プロジェクト

高度化基盤施設構想の策定による物流拠点の整備

総合地方卸売市場の再活性化

環境未来都市(グリーンイノベーション)の創造プロジェクト

「福島新エネ社会構想」関連事業の実施

産総研、日大、民間企業と連携した新エネルギーのビジネスモデルを創生

水素、地中熱、バイオマス、風力、小水力等、再エネの多角的利活用

新たな交通システム構築プロジェクト

南拠点への新駅設置

(新)富田駅を核とした北西部地域の交通網整備

目的施設や出発施設を限定したデマンド型交通の活用

上へ