2012年10月2日

てしがわら正之の県議会通信“特集号”

福島県議会議員海外行政調査報告

調査団17名は、平成24年7月9日から18日までの日程で、まず、全員でウクライナ・ベラルーシ両国を訪問し、チェルノブイリ原発事故後の対策等を調査した後、2班に分かれ、フィンランドでは放射能廃棄物処理関係について、ドイツでは再生可能エネルギーの進捗状況等について、それぞれ調査を実施しました。

 

▼ 下の画像をクリックすると大きくなります ▼

福島県議会議員 海外行政調査報告

ベラルーシ、ドイツ調査





上へ