2018年10月17日

水曜会

福島競馬場 開設百周年

福島は、もともと馬産地で、競馬は、明治20年福島市で一周800mの競馬場で行われていた。しかし、10年で人気がなくなりやめてしまった。

その後、郡山市の開成山競馬場に移り、昭和24年から31年まで行っていたが、馬が集められなくなりやめた。

福島競馬場は、静岡県藤枝競馬場が経営不振となり、その運営権利を一万八千円で買って、十二万五千円かけて整備した。大正7年6月28日に最初のレースが行われた。

今年開設百周年を迎えた。今や、スマホで馬券が買える時代、次の百年に向けて、競馬競技をどう盛り上げていくのかが課題だと、話した。

郡山ビューホテルアネックス

福島競馬場

  • カテゴリー



上へ