2019年05月5日

今日はこどもの日

こどもの日福島県内の子ども人口が発表された。14歳以下の子どもの数は減少し続けている。年齢別に見た子どもの数は、ゼロ歳児が最も少ない。

奨励金制度や第三子以降30万円の祝い金制度を設けている大玉村が、子どもの割合が高い市町村で、2年連続一位となった。

最も大きな行政課題は、人口減少社会への対策。

参院選で、主要な争点の1つに消費税10%への引き上げがある。

その上げた税収を人口減少社会対策にどう活かすかを、国民に「見える化」が必要ではないだろうか。

郡山市開成山公園

郡山市開成山公園
郡山市開成山公園

  • カテゴリー



上へ