2019年06月19日

6月定例県議会

福島県議会議場

6月定例県議会が開催された。

人口減少が深刻化し、高齢者がピークを迎える2040年には、現在の人口動態が続くと、本県の人口が約147万人になると予想されている。

少子高齢化・人口減少対策は喫緊の課題であり、2040年を起点に現在を振り返って、今何をすべきかを考えるという、バックキャスティング思考が行政に求められている。

福島県議会議場

6月定例県議会

  • カテゴリー



上へ