2020年05月25日

教育ICTの学校導入に向けて

郡山市立橘小学校

分散登校が終わり、ようやく学校が再開される。

休校の長期化により、保護者には学習の遅れを心配する声が一番多かった。保護者が勉強を見るのは大変で、双方向のオンライン学習を求める声が上がっていた。

新型コロナウィルスの「第2波」が確実に来ると言われていて、更なる休校が懸念される。今、文部科学省が進める「GIGAスクール構想」が教育界を中心に大きな話題となっている。

新学習指導要領により、小学校においてはプログラミング教育が必修化され、今後の学習活動において、積極的にICTを活用することが想定され、ICT環境の格差は、児童生徒の学習環境の格差につながる。

福島県は、国の「教育のICT化に向けた環境整備五か年計画」に基づき、今年県立学校にICT環境を整備する予算として13億6千万円を予算化した。郡山市も早急に校内通信ネットワーク整備事業を検討すべきだ。

郡山市立橘小学校

GIGAスクール構想

  • カテゴリー



上へ