テッシーかわら版

2019年07月24日

小樽港「北防波堤」

北防波堤

日本人技師として初めて本格的外洋防波堤の建設に成功した廣井勇博士。

セメントに火山灰を混合し、コンクリートの耐海水性を向上させて工費も節減。

小樽港北防波堤は、11年の歳月を経て、明治41年に竣工。120年が経過した現在も、本体を使い続けている。

小樽港を国交省の船で海上から視察した。ちょうど、飛鳥Ⅱも停泊していた。

斜路式ケーソン製作ヤードは、土木学会選奨土木遺産に認定されている。日本の技術は素晴らしい。

小樽港湾事務所に於て

飛鳥Ⅱ

小樽港

斜路式ケーソン製作ヤード

  • カテゴリー

2019年07月23日

土木委員会県外調査

胆振東部地震

胆振東部地震は、昨年9月6日に発生し、北海道で初めて最大震度7を記録した。

震源地に近い厚真町で、まもなく一年となる被災現場と復旧現場を視察した。

現場は火山灰が堆積した土地で、崩壊は勾配15度程度の緩い斜面でも発生。六千箇所以上の斜面崩壊が発生した。

災害復旧工事は、もとに戻すのが基本だが、戻せない箇所は、用地を買収し整備する。雨のなか、急ピッチで工事が行われていた。

北海道厚真町

災害復旧工事

北海道で初めて最大震度7

斜面崩壊

  • カテゴリー

2019年07月13日

ドローンで農薬散布

農薬散布ドローン
この度、スペースワンと富久山自動車教習所共同で、教習所を立ち上げた。

農薬散布ドローンの安全に関する知識と高い操縦技術を習得できる。

DJI小型機は、1ヘクタールを約10分で農薬を散布する。機体に搭載したレーダーで、地形を認識し、機体の高度を維持する。

担い手不足に高齢化が加速している福島県の農業。中山間部でも狭小地でも対応できるドローン。まさに、時宜を得た取り組みだ!

郡山ドローンパーク

ドローンで農薬散布

レーダーを搭載したドローン

  • カテゴリー

2019年07月3日

議員勉強会

福島県議会 第一特別委員会室

講師は、全国都道府県議会議長会事務総長 株丹達也氏。「第32次地方制度調査会の審議状況」について、話を聞いた。

2040年問題「消滅可能性都市」の対策は、若者に魅力のある地方拠点都市に投資と施策を集中することが重要で、2040年頃の目指しうる社会をどの様に描くのかが大事なポイントだと思う。

福島県議会第一特別委員会室

全国都道府県議会議長会事務総長 株丹達也 氏

  • カテゴリー

2019年07月1日

県営あづま球場改修工事

県営あずま球場改修工事
2020年東京オリンピックの野球、ソフトボール競技開催に向け、グラウンドの人工芝化及び室内のトイレ、シャワー室などの改修工事が行われている現場を、土木委員会で視察した。

10億3千万円をかけた工事も、まもなく竣工となる。

福島県営あづま球場

福島県営あづま球場

2020年東京オリンピックの野球

  • カテゴリー



上へ