暮らしやすい「持続可能なまち こおりやま」をつくります。

子ども、高齢者、障がい者など誰もが安心して暮らせる共生社会を目指します。

自然災害の発生に備え、災害に強い環境整備と消防・救急体制の整備や消防団の組織力強化を図るなど危機管理能力を高め、市民の生命を守る安全なまちづくりを進めます。

広域都市として地域間の連携を図る都市モノレールなど「新交通システム」の可能性について調査します。

デジタル技術で豊かな社会を目指すDX(デジタルトランスフォーメーション)については、高齢者が困らないサポート体制を充実します。

カタカナ用語やIT用語などには説明を加え、市民にわかりやすい行政を推進します。

通院、通学、買い物など誰もが交通に困らないまちづくりに取り組みます。


第1の柱

...

「活気があふれ潤いがあるまち こおりやま」をつくります。

第2の柱

...

不安なく健やかに暮らせる「先進医療都市 こおりやま」を目指します。

第3の柱

...

産業が元気で、働く人が幸せを感じる「誇りと愛着を持てるまち こおりやま」をつくります。

第4の柱

...

若い世代が輝き、すべての市民が「いきいきと笑顔が広がるまち こおりやま」をつくります。

第5の柱

...

暮らしやすい「持続可能なまち こおりやま」をつくります。