テッシーかわら版

2019年01月13日

所要時間の短縮化

郡山中央スマートインターチェンジ開通式
郡山中央スマートインターチェンジ開通式が行われた。

このスマートICにより、郡山の中心市街地へのアクセスが容易になった。

須賀川・白河広域消防本部管内で発生する搬送者の約4分の1が郡山市に搬送されてくる。

医療機関までの搬送時間が2~3分短縮され、救命率の向上とともに、災害時の支援活動の円滑化が期待される。

東北自動車道郡山中央スマートインターチェンジ

東北自動車道郡山中央スマートインターチェンジ 開通式

郡山中央スマートインターチェンジ

  • カテゴリー

2019年01月8日

今年は勝負の年!

山本不動尊
山本不動尊に必勝を祈願した。雪もなく、素晴らしく穏やかな日であった。

山本不動尊にて

山本不動尊

山本不動尊

  • カテゴリー

2019年01月5日

三億円超えはなかったけれど…

郡山市総合地方卸売市場
卸売市場で、年始恒例の「初競り」が行われた。

午前6時すぎ、競りの開始を告げる鐘の音とともに威勢のよい声が上がり、業者たちが次々と新鮮な海の幸を競り落とした。

郡山市総合地方卸売市場

新鮮な海の幸

  • カテゴリー

2018年12月18日

福島県アセアン議員連盟

ベトナム三回目の勉強会が開催された。
講師は、福島ツーリストサービス(株)代表取締役社長斎藤修氏。「ベトナム人は、日本の有名な場所やベトナムでは体験できない、見れないものが好き。

更に、日本製品は信用度が高く好き。和食セットはあまり多く食べないし、歩くスピードが遅いので、長距離を歩くのは難しい。

温泉体験はしたいが、訪日の主な目的ではない。日本一の名のつくものや、地域文化の体験がしたい。

したがって、これらを含む近県を巻き込んだダイヤモンドルートをつくることが必要です」と話した。

第一特別委員会室

福島ツーリストサービス(株)代表取締役社長斎藤修
ダイヤモンドルート
福島県アセアン議員連盟
日本一

  • カテゴリー

2018年12月14日

土木委員会現地調査

既設洪水吐き
千五沢ダム再開発事業は、かんがい専用のダムに治水機能を付加するため、既設洪水吐きの改築を行う事業。

昭和42年の建設当時とは、農業をめぐる情勢が大きく変化し、ダムに空き容量が生じた。福島県は、東北農政局及び関係機関と協議、洪水調節を行うための治水容量として活用することにした。

総事業費139億円。その大きさに驚いた。

石川町千五沢ダム

石川町千五沢ダム
千五沢ダム

  • カテゴリー



上へ