テッシーかわら版

2019年08月9日

森林・林業活性化推進議連現地調査

菌床しいたけ

棚倉町に本社がある藤田建設工業(株)が、菌床しいたけの生産・販売に進出することになり、農事組合法人ひかりを設立。

泉崎村中核工業団地内に、大規模菌床しいたけの生産施設を整備し、6月18日に落成式を行い操業を開始した。

生しいたけを年間550トン生産し、年間4億3千万円の売り上げを見込んでいる。

施設は、完全空調栽培で、生産物はアグリ物産(株)を通じて全量販売される。

工場の規模の大きさに驚いた。

泉崎村中核工業団地

泉崎村中核工業団

アグリ物産

  • カテゴリー

2019年07月25日

三笠高校生レストラン「エソール」

三笠高校生レストラン

道内の公立高校で唯一の食物調理科校である北海道三笠高校の生徒が、調理・接客を担当、料理やスイーツを一般客に提供し、腕を磨くレストラン(昨年7月オープン)エソールに立ち寄った。

調理部が運営する「まごころきっちん」では、北海道の良質な食材を使用し、手間暇かけた料理を提供し、製菓部が運営する「シェリー」では、生徒が試作から商品化まで一貫して行った洋菓子を提供する。

主に土日祝日と春・夏・冬休み期間中に営業する。俳優の小日向文世さんの出身校でもある。

まちの魅力発信の場として、地域振興の拠点にもなっていた。

北海道三笠高等学校
北海道三笠高校

三笠高校生レストラン「エソール」

三笠高校生レストラン「エソール」

  • カテゴリー

2019年07月24日

小樽港「北防波堤」

北防波堤

日本人技師として初めて本格的外洋防波堤の建設に成功した廣井勇博士。

セメントに火山灰を混合し、コンクリートの耐海水性を向上させて工費も節減。

小樽港北防波堤は、11年の歳月を経て、明治41年に竣工。120年が経過した現在も、本体を使い続けている。

小樽港を国交省の船で海上から視察した。ちょうど、飛鳥Ⅱも停泊していた。

斜路式ケーソン製作ヤードは、土木学会選奨土木遺産に認定されている。日本の技術は素晴らしい。

小樽港湾事務所に於て

飛鳥Ⅱ

小樽港

斜路式ケーソン製作ヤード

  • カテゴリー

2019年07月23日

土木委員会県外調査

胆振東部地震

胆振東部地震は、昨年9月6日に発生し、北海道で初めて最大震度7を記録した。

震源地に近い厚真町で、まもなく一年となる被災現場と復旧現場を視察した。

現場は火山灰が堆積した土地で、崩壊は勾配15度程度の緩い斜面でも発生。六千箇所以上の斜面崩壊が発生した。

災害復旧工事は、もとに戻すのが基本だが、戻せない箇所は、用地を買収し整備する。雨のなか、急ピッチで工事が行われていた。

北海道厚真町

災害復旧工事

北海道で初めて最大震度7

斜面崩壊

  • カテゴリー

2019年07月13日

ドローンで農薬散布

農薬散布ドローン
この度、スペースワンと富久山自動車教習所共同で、教習所を立ち上げた。

農薬散布ドローンの安全に関する知識と高い操縦技術を習得できる。

DJI小型機は、1ヘクタールを約10分で農薬を散布する。機体に搭載したレーダーで、地形を認識し、機体の高度を維持する。

担い手不足に高齢化が加速している福島県の農業。中山間部でも狭小地でも対応できるドローン。まさに、時宜を得た取り組みだ!

郡山ドローンパーク

ドローンで農薬散布

レーダーを搭載したドローン

  • カテゴリー



上へ