テッシーかわら版

2020年10月1日

新時代に求められる教育を推進します


【動画】「新時代に求められる教育」を公開しました。是非ご覧ください。

教師による対面指導と双方向のオンライン学習との組み合わせによる、新しい教育様式が必要だと思います。

  • カテゴリー

2020年09月24日

9月定例県議会

定例県議会

新型コロナウイルス感染者が連日確認されている状況のなか、9月定例県議会が開会され、本日から代表質問が始まった。

今議会は、感染拡大防止や医療提供体制の拡充を図るため、医療機器の整備、入院病床の確保、移送体制や検査体制の強化に向けた補正予算案、147億7千8百万円が提出されている。

いずれも県政執行上、重要な予算となっている。



福島県議会

  • カテゴリー

2020年09月5日

災害に強い都市づくりを目指します


【動画】「災害に強い都市づくり」を公開しました。是非ご覧ください。

災害に強い都市づくりは、「新たな防災対策指針」「浸水区域 支援制度」町内会などの「地域洪水タイムライン」そして、郡山市の「危機管理指針」この4つの取り組みが最も重要だと考えます。

  • カテゴリー

2020年09月4日

要望聴取会

森林買収

来年度に向けて、国・県への予算編成に関する要請を受ける、各種団体要望聴取会が行われた。

県農業会議さんから、外国資本による山林買収対策を国に求めるよう要望された。

農水省の調査によると、平成31年1月から令和元年12月までの期間に、31件163haの森林買収事例があり、累計で264件、2305haが買収されている。

今後も、外国資本による森林買収が拡大し続けた場合、無秩序な伐採や乱開発による水質の悪化や枯渇、防災機能の低下など、森林の多面的機能に重大な影響を及ぼすことが、懸念される。

福島県においても、昨年4件の事例があり、今年も1件の事例が報告されている、と訴えた。

要望聴取会
各種団体要望聴取会
  • カテゴリー

2020年08月26日

感染症対策について

塚原太郎所長

今月に入って、新型コロナウイルス感染者数が急増している。改めて、感染防止策の徹底が求められる。

今日の水曜会は、郡山市保健所塚原太郎所長の講演。

郡山市の医療の特徴は、公立病院がなく、感染症指定医療機関もないが、220の診療所と22の病院がある。

発熱外来診療所の診療実績は、5月7日からの69日間で、187名。内、PCR検査受診者数が、181名(陰性180名)。

陽性患者入院先は、県全体で136床だが、郡山市は47床を常時確保。エクモ治療にも対応できる重症病床は、県全体で25床。その内の68%にあたる17床を、郡山市で常時確保している。

『公衆衛生とは、「生命」「生活」「生きる権利」の生を衛ること。これは、明治政府初代衛生局長、長与専斎氏の言葉。

塚原局長は、市民に寄り添い、医療だけでなく、人権もしっかり衛っていく』と話した。大変勉強になった講演だった。

郡山市保健所
  • カテゴリー



上へ