テッシーかわら版

2017年08月30日

北海道・東北六県議会議員研究交流大会

劇団わらび座代表取締役社長、山川龍巳氏の講演を聞いた。

わらび劇場は、あきた芸術村メイン施設として、年間200回以上の公演を行っており、現代へのメッセージのある舞台で、全国公演も年間千回以上行っている。

「演劇を通して、子どもたちが、泣いたり笑ったり出来る情緒豊かな子どもたちになれる様にと、舞台作品に力を入れている」と話した。

その後、3つの分科会に分かれ、地域に共通する政策課題等の情報及び意見交換を行った。

私は、医療提供体制の確保・充実について、意見を交換した。

秋田ビューホテル


  • カテゴリー

2017年08月23日

助産学専攻科

県外調査の二日目。助産師は、妊娠・出産・お産後の援助だけではなく、乳幼児や家族を対象に、ケアを実施している。

高度な専門知識と実践力を身につける必要がある。

看護師の免許を取得した後、一年間勉強して助産師の資格を取る、県立広島大学三原キャンパス助産学専攻科について調査した。

様々な分野の専門教員による授業と市内の中核総合病院での充実した実習環境で、助産実践力を培っていた。

助産師の国家試験合格率100%を誇っている。

県立広島大学三原キャンパス


  • カテゴリー

2017年08月22日

消防団の充実へ…

福島県議会総務委員会の県外調査を行った。

大きな災害には、常備消防職員だけでは対応出来ない。しかしながら、全国的にも消防団員は減少し続けている。

京都市は、住民の一割が学生という都市の特性を活かし、学生に入団を呼びかけていて、約3%が団員となっている。

防災訓練、夜警はもちろん、防火・防災活動に宅訪も行っている。学生団員は、市長から地域貢献の認定証を渡されていて、就活に活用出来る市長印の入った学生消防団活動証明書を発行している。

更には、京都学生消防サポーターライセンス制度など、大変参考になるユニークな取り組みを行っていた。

京都市消防局


  • カテゴリー

2017年08月20日

大声大会

郡山布引風の高原まつりの開会式に出席した。

好天に恵まれて、大勢の家族連れが訪れ、ウォークラリーや大根の収穫体験を行った。

今年は、大声大会が行われ、お題「○○ありがとう!」に自分の思いを込め、大きな声で叫び、ギャラリーをわかせていた。

郡山布引風の高原


  • カテゴリー

2017年08月9日

萩姫まつり

萩姫まつり献湯祭に出席した。

古式ゆかしい催しに、観光客の皆さんも、真剣に見いっていた。

熱海温泉事業所


  • カテゴリー



上へ