テッシーかわら版

2012年02月27日

県の姿勢が問われる…

議場本会議

今日は、追加代表質問日。除染対策、復興特区、復興特措法など市町村と一体となって復興を推進しようとする県の姿勢が今問われている。

それにしても、昨日の国と双葉郡8町村との意見交換会の中止は、残念だ。中間貯蔵施設建設は、最大の課題。お互い目を見て対話することが、胸襟を開く第一歩ではないのか?

議場本会議で


  • カテゴリー

2012年02月22日

無料化は10 月から!

福島県議会 本会議場

2月定例議会代表質問が始まった。

本日は、自民党、民主・県民連合が行い、答弁の中で18歳以下の県民医療費無料化は、10月から実施、公共工事の設計労務単価は実勢価格を反映させ、鉄筋工や交通誘導員など、今月23日から設計で増額すると答えた。

本会議場


  • カテゴリー

2012年02月19日

やむにやまれず…

除染活動

郡山市立行健小学校PTAと住民が協力し、除染活動を行っていた。

子どもたちの通学路から、少しでも放射性物質を取り除くためだが、仮置き場が決まらず、歩道を中心とした洗浄で、側溝の汚泥除去は行わない。

「除染なくして、福島の復興なし」国は、責任を持って早急に、中間貯蔵施設建設をまとめてほしい。

富久山町久保田地区 県道須賀川・二本松線


  • カテゴリー

2012年02月14日

復興に向けて…

2月定例議会

明日から2月定例議会が始まる。今日は、特別委員会と各部会が開催された。

マイナスイメージの「福島」から応援したくなる、訪れたくなる福島にイメージを転換するためには、あらゆる媒体を活用して全国に正確な情報を発信し、復興への歩みを進める「新生ふくしまの今」を伝えることが更に必要だ!

自民党第5控え室


  • カテゴリー

2012年02月10日

学ぶ環境が…

郡山市立橘小学校

橘小学校の授業を市教育関係者や父兄に公開する、研究発表会に出席した。

昨年の大震災以降、教育活動の大半に放射線対策が関わり、先生・生徒は困惑と不安が学校全体を覆っていた。

まもなく大震災から11ヵ月、やっと子どもたちが落ち着いて学習ができる環境が整いつつあることを実感した。

郡山市立橘小学校


  • カテゴリー

1 / 212

テッシーかわら版


カテゴリー


タグ


日付順



上へ