テッシーかわら版

2018年12月4日

12月定例会

再選をはたした内堀知事
12月定例議会が開催された。去る10月28日の知事選挙において再選をはたした内堀知事は、県政を進めていく上での基本姿勢について、県庁に危機意識を、県民の皆さんに希望を、そして未来に向けて挑戦を、この3つが大切なキーワードであり、県民の皆さんが未来に向けて希望を持ち、笑顔になっていただけるよう、県政を運営していかなければならない。

県議補欠選挙「危機意識」「希望」「挑戦」この3つの言葉を胸に刻み、県政運営に取り組むと話した。

それに先立ち、先の県議補欠選挙にともない、私の議席が変更となり、三段目の31番から、四段目の39番となった。

福島県議会議場

12月定例議会

  • カテゴリー



上へ