2018年12月14日

土木委員会現地調査

既設洪水吐き
千五沢ダム再開発事業は、かんがい専用のダムに治水機能を付加するため、既設洪水吐きの改築を行う事業。

昭和42年の建設当時とは、農業をめぐる情勢が大きく変化し、ダムに空き容量が生じた。福島県は、東北農政局及び関係機関と協議、洪水調節を行うための治水容量として活用することにした。

総事業費139億円。その大きさに驚いた。

石川町千五沢ダム

石川町千五沢ダム
千五沢ダム

  • カテゴリー



上へ