2019年12月23日

12月定例県議会

企画環境委員会

常任委員会が開かれている。イノシシ被害防除のための捕獲対策について、当局に質した。

イノシシ管理計画で、今年度の推定個体数は、5万4千頭から6万2千頭と見込んでいる。

今年、2万9千7百頭を捕獲処理したが、イノシシ被害は後を絶たない。

来年は、2万5千頭以上の捕獲処理を目標としているが、一方でイノシシの自然増加率が年々高まっている。

安定生息数を、いくらに見積もったらよいか県も決めかねている。

企画環境委員会室

  • カテゴリー



上へ